1. HOME
  2. 製品情報
  3. オーラル & スキンケア
  4. 化粧品原料
  5. ビタミンC

オーラル & スキンケア

Oral care & Skin care

化粧品原料

ビタミンC

様々な化粧品原料をご紹介します。
化粧品には、化粧品の土台をつくる成分、品質保持のための成分、美容成分が含まれています。自分に合った肌悩みの「美容成分」が配合されいている化粧品を使用して、美肌を目指しましょう。
※化粧品原料の代表的な効果に分けて紹介していますが、カテゴリ以外の効果がある原料もたくさんございます。

ビタミンC誘導体

ビタミンC誘導体は美肌にマスト
ビタミンCは美白効果や抗酸化作用としてよく知られていますが、そのほかにも美肌を保つためには欠かせない、お肌にうれしい効果があるオールマイティーな成分です。

美白 メラニン色素の合成を抑制し、できてしまったメラニン色素を薄くします。
シワ・たるみ コラーゲンの生成を助け、シワ・たるみの予防や改善をします。
エイジングケア 活性酸素除去作用により皮膚の老化を遅らせ炎症も抑えます。
くすみ 血行を促進し、お肌の新陳代謝を整えます。
ニキビ・毛穴 過剰な皮脂分泌を抑え、毛穴を目立たなくしニキビを予防します。

 

ビタミンCの弱点
ビタミンCの弱点は、酸化しやすい非常に繊細な成分ということです。ビタミンCは酸素と結びつきやすいため非常に不安定な化学物質で、熱や光、空気(酸素)に触れることによって、徐々に壊れて効果も劣っていきます。また皮膚への浸透力があまりよくないので化粧品に使用するのは難しい成分といわれています。

 

ビタミンC誘導体とは?
ビタミンC誘導体は、成分の欠点(安定性や浸透性など)に改良を加えて効果や安定性を高め、皮膚に浸透されやすい形にしたものです。純粋なビタミンC(アスコルビン酸)に色々な物質を結合させたものになっており、皮膚に塗布すると皮膚内の酵素によってこの結合が外れ、ビタミンCとして働きます。ビタミンC(アスコルビン酸)に何を結合させているかによって誘導体の種類や性質が変わります。様々なビタミンC誘導体の特徴を知って賢くスキンケアに取り入れましょう。

ビタミンC誘導体の種類
ビタミンC誘導体には、水となじみやすい性質を持った「水溶性」と、油となじみやすい「脂溶性性」、その両方の性質を持った「両親媒性」の3種類があります。肌全体にビタミンCを届けるには、水溶性と脂溶性の両方を取り入れることがコツ。両親媒性のビタミンC誘導体は、肌のすみずみまで浸透してくれる、注目の成分です。

性質 成分名 目的
両親媒性 APPS ▾ 美白・シワ・たるみ
水溶性 APS ▾ 美白・ニキビ
VCエチル ▾ 美白・シミ・くすみ
脂溶性 VCIP ▾ 美白・ニキビ

 

高浸透型 ビタミンC 誘導体 APPS アプレシエ®

 美白   シワ   シミ   ニキビ   抗酸化 

表示名称 パルミチン酸アスコルビルリン酸3Na
化粧品推奨配合濃度 0.2 ~ 1%(pH7~8)

従来のビタミンC誘導体(リン酸型ビタミンC誘導体)では、イオン導入をしないと真皮まで十分にビタミンCを届けることが出来ませんでしたが、APPSは外用塗布のみで真皮まで到達することができます。ビタミンC誘導体が真皮まで入るので、真皮のケアが重要な、シミやシワに対して直接アプローチすることができます。

APPSが真皮まで到達できる理由は、APPSの構造に大きな理由があります。APPSは水溶性の性質を持つ「リン酸型ビタミンC誘導体」に「パルミチン酸」という脂質が結合された誘導体のかたちになっています。この構造がヒトの細胞膜の成分である「リン脂質構造」と非常に近い構造であるため、なじみやすく浸透性が圧倒的に高まると考えられています。

しわ発生のメカニズムとビタミンCの作用
紫外線は、シワができる原因のひとつです。紫外線A波は真皮に到達し、活性酸素の発生、コラーゲン分解酵素の活性化などによりコラーゲンにダメージを与えます。肌の奥に浸透するAPPSは、真皮内で発生する活性酸素を除去し、シワの原因となるコラーゲンへのダメージに効果を発揮します。

抗しわ効果の評価
APPSのシワに対する効果を、皮膚科医の指導下で評価しました。

21名の女性被験者に対し、APPS(アプレシエ®)を1%含むローションを日に2度、1~3ヶ月適用し、開始時と終了時に採取した目じり部分のレプリカを比較しました。右の写真は、典型的な例です。昭和電工(株)HP 製品情報より抜粋

 関連製品 
Osmoシリーズ
VE lotion
ビタミンCが肌の奥まで浸透し、肌を整え健康的な素肌へ
 関連製品 
CoCo materials APPS 100% パウダー
優れた浸透力でツヤツヤ肌へ
 関連製品 
CoCo materials APPS+TA パウダー
浸透力 × 分解力 欲しかった あの透明肌へ

水溶性ビタミンC 誘導体 APS

 美白   シワ   シミ   ニキビ   抗酸化 

表示名称 アスコルビルリン酸Na
化粧品推奨配合濃度 1~6%(>pH7)

APSの美白作用については、他のビタミンC誘導体と同じようにチロシナーゼの活性阻害作用とメラニン色素を還元する作用があります。APSの特徴は、即効性があり、短期間で皮膚に吸収され、角層に浸透するとすぐにビタミンCに変わる点です。APSは、ビタミンCにリン酸を結合させることにより吸収率を高めて効果を持続させ、安定性を高めた水溶性のビタミンC誘導体です。外気に触れても酸化しにくく、肌の中に入ってはじめてビタミンCとしての機能を発揮します。紫外線による皮膚ダメージの改善、皮脂分泌の抑制、コラーゲン成分の促進などの効果も報告されています。水溶性のため、ローションや美容液への配合に適しており、従来のビタミンC以上の抗シミ、抗シワ、抗ニキビ効果が期待できます。

 関連製品 
Osmoシリーズ
VC lotion
毛穴の目立ちを抑えて、キメの整った肌へ
 関連製品 
Osmo基礎化粧品シリーズ VB cream[保湿クリーム]
乾燥を防ぎ、キメを整えて滑らかな肌へ
 関連製品 
Osmo基礎化粧品シリーズ VC gel[保湿ジェル]
肌ダメージに働きかけ、みずみずしい潤い肌へ
 関連製品 
CoCo materials VC5 lotion[化粧水]
今すぐ届けたい!

水溶性ビタミンC 誘導体 VCエチル

 美白   シワ   シミ   黄ぐすみ   抗酸化   保湿 

表示名称 3-0-エチルアスコルビン酸
化粧品推奨配合濃度 5%

化学構造的にアスコルビン酸(ビタミンC)の3水酸基にエトキシ基を導入して生成される水溶性ビタミンC誘導体です。ビタミンC誘導体の中で最もビタミンC含有量が高く、即効性がありながら、持続性もあり、浸透性も他の水溶性ビタミンC誘導体に比べて10倍程優れています。

高い浸透性
3次元皮膚モデルを用いた浸透圧の比較では、アスコルビン酸Mgと比較して約10倍高いことが報告されています。

即効性で持続性
即効性:肌に塗布後、酸素反応を必要とせず誘導体のままの形でビタミンCの効果を発揮
持続性:72時間ほどかけて誘導体からビタミンCに変換

ビタミンCの含有率86%
VCエチルは、VC誘導体の中で、変換後のビタミンC(アスコルビン酸)量が最も多くなります。VCエチル5%溶液は、APS8%溶液、APPS14%溶液に相当するビタミンCを含有しています。(理論値)

ビタミンC誘導体 アスコルビン酸含有
VC-IP 16 %
APS 55 %
APPS 31 %
VCエチル 86 %

美白にWの作用点
チロシナーゼ活性阻害とメラニン還元によるWの美白3倍濃度のAPMより高い美白力を持ちます。

脂溶性 ビタミンC 誘導体 VCIP

 美白   シワ   シミ   ニキビ   抗酸化   保湿 

表示名称 テトラヘキシルデカン酸アスコルビル
化粧品推奨配合濃度 3%以上 原液そのままでもお使いいただけます。

VCIPの美白作用については、他のビタミンC誘導体と同じようにチロシナーゼの活性阻害作用とメラニン色素を還元する作用があります。VCIPの特徴は、油との相性がよく(脂溶性)、ヒトの皮膚は水は弾いてしまいますが油とはなじみやすい性質なため経皮吸収性に優れている点です。脂溶性なので毛穴を介して皮膚の奥へ浸透しやすく、アクネの発生部位である脂腺系などへの吸収性に優れています。優れた抗酸化作用を発揮してアクネ炎症部位で発生する過剰の活性酸素種を消去します。その結果、炎症や不全角化を抑制し、アクネの症状を改善します。さらにアクネ部位の色素沈着を抑制します。オイル状のためジェルやクリームへの配合に適しており、肌になじみやすく、とくに肌の乾燥が気になる方に最適です。

 関連製品 
Osmoシリーズ VCIP Moisture Milk[乳液]
輝くツヤ肌へ、じっくり集中ケア
 関連製品 
CoCo materials ビタミンC誘導体100%オイル (VCIP)
しっとり満たされる潤い