再生医療記録管理システム



再生医療記録管理システム

  再生医療管理記録システムとは

 歯科及び美容分野における再生医療の実施記録の作成や定期報告書の作成をサポートい
 たします。
 ・再生医療新法に基づいた再生医療の実施記録の正確な作成、保存が簡単にできます。
 ・治療記録の整理や定期報告の作成も容易です。

     

再生医療記録管理システム
Q1 このクラウドシステムは何に使うの?
A CGFやPRPを使った治療の記録を作成し、保存するために使います。

Q2 CGFやPRPを使った治療の記録とその保存とはどういうものなの?
A CGFやPRPを使った治療は、法律で再生医療に含まれることになりました。 法律では再生医療に該当する治療は、1件毎に決められた内容を記録し、10年間保存することが義務づけられています。 このシステムを使用すると、これらの記録の作成・保存が簡単にできます。

Q3 CGFやPRPはどうして法律で再生医療に含まれることになったの?
A 法律では細胞を用いた治療は、再生医療に該当します。血小板も細胞とみなされており、CGFやPRPにはこの血小板が含まれている可能性があることから、再生医療に含まれることになりました。

Q4 このシステムでは具体的に何ができるの?何をしてくれるの?
A 患者情報の記録、CGFやPRPの製造記録及び再生医療の提供記録、 実施した件数の集計等ができます。 また定期報告の時期が近づいたらお知らせメッセージを表示して、 報告書の提出を忘れないように教えてくれます。

Q5 記録は複雑ではないの?
A 画面に従って入力すれば、必要な情報の記録・保存が簡単にできます。 入力した情報から定期報告に必要な実施件数の集計等もできます。

Q6 実施件数がそんなに多くないけど必要なの?
A 実施件数が多くないクリニックでも、記録は10年間保存しなければなりません。 年間20件では200件、年間10件でも100件になります。 このシステムでは10年分の必要な記録を、クラウド上に保存することができます。

Q7 クラウドシステムの利点は何なの?
A データをクラウド上に保存しているため、パソコンの故障や災害などのトラブルから、大切なデータを守ることができます。

Q8 セキュリティは大丈夫なの?
A 厚生労働省の医療クラウドのガイドラインに準拠した最新かつ強固なセキュリティを持つサーバーで記録を保管いたします。 また、アクセスはユーザーIDとパスワードで管理されているので安心です。
  ご利用料金について

■利用料金は月払いとなります。
 ※ご利用月の前月に前払い
■お支払い方法は口座振替決済となります。
 口座引き落とし日:毎月23日
 ※口座振替の手続きが完了するまでは請求書に従ってお支払下さい。

クラウド利用料金(月額)¥3,500 (税別)



▲ 上へ


HOME

事例紹介

 ● 再生医療記録管理システムとは

 ● 無料お試しサービスについて

コアフロント
| 会社概要 | バイオ製品 | デンタル製品 | コスメ製品 | その他製品 | 事例紹介 |