1. HOME
  2. 製品情報
  3. デジタル歯科 & デンタル
  4. 歯科用3Dプリンター
  5. ラピッドシェイプ Dシリーズ 機種ラインナップ

デジタル歯科 & デンタル

Digital dentistry & Dental device

歯科用3Dプリンター

ラピッドシェイプ Dシリーズ 機種ラインナップ

DLP+FFSによる高速・高精度プリントを基本性能に、導入コストを抑えたクリニック用から矯正用セットアップモデル量産タイプまで充実したラインナップをご用意しております。

supporticon

コアフロントは、世界で3か所しかないラピッドシェイプ社認定のサポート&メンテナンス拠点として承認されています。弊社エンジニアは、年平均4-5回のペースで現地サービストレーニングを受け、最新情報を習得しています。

D20+

人気No.1
ラピッドシェイプの標準機。クリニック内でも置ける省スペース設計。上位機種と同等の造形速度で、動作音も静かです。

D20+

型式D20+
FFS
FFSモニター
フード開閉手動
リザーバー加温機能
造形物自動切り離し機構
本体サイズ(W×D×H)335×349×541 mm
重量約 33 kg
光源/波長LED/ 385 nm
造形エリア(W×D×H)130×75×90 mm
解像度± 34 μm    1920×1080(HD)
レジンタイプ各社レジン/Open System

D30+

ラピッドシェイプのフラッグシップモデル
中型規模量産型の3Dプリンタ-。特許技術の自動切り離し機能が付き、生産性を更に加速させます。タッチパネルで簡単操作。FFSのモニタリングもできます。

D30+

型式D30+
FFS
FFSモニター
フード開閉ワンタッチ(手動も可)
リザーバー加温機能
造形物自動切り離し機構
本体サイズ(W×D×H)480×410×690
重量約 40 kg
光源/波長LED/ 385 nm
造形エリア(W×D×H)130×75×110
解像度± 34 μm    1920×1080(HD)
レジンタイプ各社レジン/Open System

 

自動切り離し機能

造形後、カゴが造形物の真下に移動し、刃物で造形物をプラットフォームから切り離します。造形物を受け取ったカゴは、初期の場所に戻ります。※将来的には連続造形機能が搭載予定

D40Ⅱ

D30+と同じ機体サイズで大量造形を実現!
レジン硬化のための光源であるプロジェクターを2つ搭載。D30+2台分の造形エリアを持ちます。※ 自動切り離し機能は搭載しておりません。

D40II

型式D40Ⅱ
FFS
FFSモニター
フード開閉ワンタッチ(手動も可)
リザーバー加温機能
造形物自動切り離し機構
本体サイズ(W×D×H)480×410×690 mm
重量約 42 kg
光源/波長LED/ 385 nm
造形エリア(W×D×H)130×75×110 ×2箇所
解像度± 34 μm    1920×1080(HD)
レジンタイプ各社レジン/Open System

RS wash

自動洗浄機
・最適な仕上げと環境にやさしい自動クリーニング
・6インチタッチスクリーン
・交換可能な液体容器(プラグインシステム)
・対応樹脂の公式パラメーター内蔵

RSwash

型式RS wash
特長IPA撹拌洗浄
本体サイズ(W×D×H)230×270×450 mm
チャンバーサイズ130×75×60 mm

RS cure

二次硬化機
・紫外線を360°からの照明による完全硬化
・紫外線を吸収する酸素を真空で排除
・6インチタッチスクリーン
・RS Washと積み重ねが可能
・ファームウェアの更新で順次、新素材に対応

RScure

型式RS cure
特長真空照射
本体サイズ(W×D×H)230×270×380 mm
光源/波長UV-A & UV-B LED
チャンバーサイズ130×75×60 mm

他にも、ラボ用・大量生産用など、ラインナップを揃えています。お気軽にお問い合わせください。

よくある質問

関連動画

ラピッドシェイプ社より、自動化システムを紹介しています。

医療機器届出番号:13B1X10100000083
医療機器届出番号:13B1X10100000084
製造元:Rapid Shape GmbH(Germany)