1. HOME
  2. 製品情報
  3. デジタル歯科 & デンタル
  4. ピエゾデバイス
  5. サージボーン

デジタル歯科 & デンタル

Digital dentistry & Dental device

ピエゾデバイス

サージボーン

ピエゾの微細振動により硬組織のみ選択的に繊細な切削が行えるので、軟組織への侵襲が少なく手術のクオリティを向上させ、成功率を高めます。さらにピエゾ素子を6枚搭載することで3時間以上のハイパワーかつ長時間の連続使用が可能です。

カタログをダウンロード

サージボーン(SURGYBONE)が保険適用になりました。
令和2年度診療報酬改定により、「超音波切削機器加算」が新設され、保険適用されます!(加算点数:1,000点)※ただし、下記区分の手術のみに適用:区分番号J069(上顎骨形成術)、J075(下顎骨形成術)及びJ075-2(下顎延長術)に掲げる手術に当たって、超音波切削機器を使用した場合に加算する。詳しくはご案内書をご覧ください。 保険適応ご案内書

硬組織のみを精密に切削。口腔外科手術の新スタンダード

ピエゾエレクトリックデバイスの微細振動は、硬組織のみに作用し、軟組織には作用しない骨切削機器です。上顎洞底挙上術や血管や神経のある部位の手術、特にサイナスリフトテクニック、ソケットリフト、リッジエクスパンションテクニック、ブロックボーンの採取などの精密な口腔外科手術に非常に有効です。(資料提供:テグカトリック大学  Sohn Dong-Seok 教授)

硬組織のみ、選択的に切削できる

ピエゾエレクトリックデバイスの微細振動は、硬組織には力が作用するが軟組織には作用しないため、上顎洞底拳上術や血管や神経のある部位の手術に非常に有効な骨切削機器です。

まるで定規で線を描いたような正確な切削

ピエゾエレクトリックデバイスの微細振動は、硬組織には力が作用するが軟組織には作用しないため、上顎洞底拳上術や血管や神経のある部位の手術に非常に有効な骨切削機器です。

3時間以上の連続使用が可能

「サージボーン」のハンドピースには6枚のピエゾ素子が内蔵され、独自の冷却機構が搭載されています。これにより3時間以上連続使用することができます。これらのピエゾ素子は25,000~35,000 Hzで振動し、先端のチップを三次元に振動させます。

付属品

トルクレンチ

フットスイッチ

滅菌ケース

製品仕様

電 源 AC 100 V (50/60 Hz)
定格電力 170 VA
超音波周波数 25~35 kHz
最大振幅 200 μm
循環水量 0~50 mL/min
本体重量 4.9 kg
本体サイズ W 340 × D 266 × H 170 mm

医療機器承認番号: 22300BZX00102000
製造元: Silfradent s.r.l.(ITALY)