1. HOME
  2. 製品情報
  3. デジタル歯科 & デンタル
  4. 供血用遠心機(CGF)
  5. メディフュージ

デジタル歯科 & デンタル

Digital dentistry & Dental device

供血用遠心機(CGF)

メディフュージ

採血後すぐにセットし、ワンタッチ操作で13分間の自動遠心プログラムにより、完全自己血由来フィブリンゲルCGFが作製されます。添加物なし、分離操作なし。手間いらずで成長因子や血小板などを多く含み、メンブレンにも加工できる強固なゲル素材が得られます。

カタログPDFをダウンロード

重要なお知らせ
2014年11月25日に「再生医療等安定性確保法」が施行されました。これにより、患者の血液を採取・遠心分離して作成されるフィブリンゲル(CGF/AFG)や多血小板血漿(PRP/PRGF)についても法の対象となり、各クリニックにおいて届出等の手続きが必要です。コアフロントでは各種届出のサポートを行っております。ぜひご相談ください。

ご相談はこちらから >

自費研+で取り上げられました。

完全自己血液由来のフィブリンゲル CGF

血液中の赤血球などが分離され、同時に凝固因子が自然に刺激されて、添加物を一切含まないフィブリンゲル(CGF)が形成されます。

メンブレンにもなる強固なゲル(CGF)

自然なフィブリンの網目構造が形成されるので、非常に強いゲルになります。潰してメンブレン状にすれば、縫いつけることも可能です。

完全自己血液由来フィブリノーゲン AFG

凝固因子を刺激せず遠心することで得られた血漿(AFG)を、骨補填剤などに混ぜることで安定性と賦形性に富んだ骨補填剤が作製されます。

CGF・AFG作製に特化したデザイン

ワンタッチの簡単操作
試験管をセットしてスタートボタンを押すだけで操作完了。

8本同時に設置可能
遠心操作は13分間の1回のみ。8本の採血管で同時にCGFを作製可能です。

UV殺菌サイクル搭載でいつでも清潔
UVランプにより、装置内を簡単に殺菌できます。

CGF作製手順

01. 採血後、すぐにセットする。

02. スタートボタンを押し、遠心開始。

03. 遠心分離後の様子。

04. 採取したフィブリンゲル。

地方厚生局への届出

再生医療等安全性確保法の施行によりCGFを用いた治療を行う際には地方厚生局への届出が必要です。

院内でCGFを製造するための届出

CGFを用いた再生医療を提供するための届出

届出完了後の定期報告

製品仕様

電 源AC 100 V (50/60 Hz)
定格電力120 VA
本体重量9.4 kg
本体サイズW 280 × D 320 × H 240 mm

医療機器承認番号: 13B1X10100000004
製造元: Silfradent s.r.l.(ITALY)