1. HOME
  2. 製品情報
  3. 研究 & 開発
  4. 培養関連製品
  5. サイトカイン試薬 IL-2 / IL-4 / GM-CSF / BMP-2

研究 & 開発

Research & Development

培養関連製品

サイトカイン試薬 IL-2 / IL-4 / GM-CSF / BMP-2

がん免疫細胞療法研究用サイトカイン試薬 IL-2/ IL-4/ GM-CSF再生医療研究用サイトカイン試薬 BMP-2の高品質なサイトカイン試薬をご提供しています。

カタログPDFをダウンロード

がん免疫細胞療法研究用サイトカイン試薬 IL-2/ IL-4/ GM-CSF

近年、がん治療法で樹状細胞(DC)療法や活性化リンパ球を用いた癌(がん、ガン)の 免疫細胞療法の臨床研究が注目されています。これらの研究にご使用いただける高品質なインターロイキン2(Interleukin 2/IL-2)やインターロイキン4(Interleukin 4/IL-4)、GM-CSFのご提供を行っております。

Recombinant Human IL-2

インターロイキン2(IL-2)はT細胞などリンパ球の代表的な増殖因子であり、免疫反応の活性化と維持、 リンパ球の分化において重要な役割を果たしています。IL-2はT細胞やNK細胞、B細胞の増殖と分化を促進し、 活性化リンパ球療法やNK細胞療法に必須のサイトカインです。医薬品GMP製造された原薬について、ex vivo用として特別に分注・凍結乾燥を実施しているAnimal Free試薬製品です。

Recombinant Human IL-4

インターロイキン4(IL-4)はTh2細胞から産生される抗炎症性のサイトカインであり、B細胞を活性化させIgMからIgEあるいはIgG1へのクラススイッチを誘導します。樹状細胞療法においてGM-CSFと組み合わせて、末梢血単球からの樹状細胞誘導に用いられるサイトカインです。USP92※1準拠で製品試験※2を実施しているAnimal Free試薬製品です。

※1 USPとは米国薬局方のことで、USP92には培地添加物としてのIL-4試験法について記載があります。
※2 製品試験として、下記の項目を実施しています。 HPLC, SDS-PAGE (Silver staining, western blotting), Biological Activity test, Endotoxin test, Residual host-cell DNA test, MALDI-TOFMS, Sterility test

Recombinant Human GM-CSF

顆粒球ーマクロファージコロニー刺激因子(GM-CSF)は顆粒球および単球/マクロファージ前駆細胞の増殖や分化に必須です。 樹状細胞療法において、IL-4と組み合わせて、末梢血単球からの樹状細胞誘導に用いられるサイトカインです。

製品番号 製品名 発現系 内容量 製品グレード
CF-IL2-3000 Human IL-2 E.Coli 3000 万 IU / vial Animal Free
CF-IL4-100 Human IL-4 E.Coli 100 μg / vial Animal Free、 製品試験USP準拠
CF-GM-300 Human GM-CSF E.Coli 300 μg / vial Animal Free、 GMP

※ 研究もしくはex vivoでの細胞加工用で、ヒトへの直接投与(in vivo)を目的として使用できません。

再生医療研究用サイトカイン試薬

Recombinant Human BMP-2

長年にわたりサイトカインや成長因子の構造・機能解析に従事してきた、Würzburg大学バイオセンター     生理化学 第2部門教授  Prof. Walter Sebaldらによって設立されたバイオベンチャー「Osteogenetics GmbH社」と技術提携することにより高品質なサイトカインを低価格でご提供しています。

① BMP-2  30 ng/ml ② BMP-2 100 ng/ml ③ BMP-2  30 ng/ml+Heparin 5μg/ml ④ BMP-2 100 ng/ml+Heparin 5μg/ml
細胞株 C2C12(マウス筋芽細胞)
培養条件 下記の4つの条件でそれぞれ3日間培養
解析方法 ALP活性の測定

データご提供 埼玉医科大学 ゲノム医学研究センター 病態生理部門 片桐 岳信 先生

製品番号 製品名 発現系 内容量
CK-B2 BMP-2 E.Coli 5 μg/vial
CK-B2-1M E.Coli 1 mg/vial
※研究もしくはex vivoでの細胞加工用で、ヒトへの直接投与(in vivo)を目的として使用できません。